お気に入り SonicBoard  ALL 

SonicBoard GNSS "FBV-EVK-GPS5605S"

  • GNSS
  • 新商品
¥7,700 (税込み価格)
+送料¥330 (1商品あたり)
数量
SNS SHARE
  • Facebookでシェア
  • Twitterでシェア

製品概要

ソニーセミコンダクタソリューションズ製GNSS受信LSI「CXD5605GF」を搭載したマルチGNSS受信モジュール「BVMGPS5605S」のSonicBoardです。

SonicBoard

"SonicBoard"は、IoTシステム開発における通信デバイスの開発期間を短縮し開発費を抑制する、新しいコンセプトの開発ボードシリーズ。基板試作前にソフトウェア開発に着手でき、開発に必要な周辺部品を実装した「コンプリート」開発ボードです。
さらに、回路図を電子CADソフトQuadceptで編集可能なプロジェクトファイル形式で公開、各ボードを動作させるためのリファレンスソースコードを開示するなど、通信デバイス開発における電気回路とファームウェアの設計を大幅に短縮できる環境を提供しています。

特長

ソニーセミコンダクタソリューションズ製GNSS受信LSI「CXD5605GF」を搭載し、業界最小レベルの低消費電力動作を実現したマルチGNSS受信モジュール「BVMGPS5605S」を搭載した新コンセプトの開発ボードです。

SonicBoard GNSS「FBV-EVK-GPS5605S」には、一般的に使用されているパッチアンテナではなく、Braveridge独自開発のダイポールアンテナ※を組み込んでいます。これによりパッチアンテナの弱点を克服し、広受信範囲からのGNSS衛星を受信することが可能です。ぜひ、CXD5605GFを使用したGNSSモジュール「BVGPS5605S」の実力を体感してください。

昨今のIoTデバイス企画では、動的使用用途(基板やアンテナが常に頂点方向を向いていない使用用途)が増えています。Braveridgeでは、動的使用用途にはGNSSダイポールアンテナを推奨しています。製品設計にダイポールアンテナを使用される場合には、Braveridge Antenna Service(有料)による支援も可能です。

本製品には、アンテナ、電源回路、USBシリアル変換回路を搭載。インターフェースはUART/I2C/USBを選択可能です。

SonicBoardシリーズの、Bluetooth®︎ Low EnergyやLTE-M、Sigfox、Wi-Fiなどの各種SonicBoardと配線するだけで、すぐにソフトウェアの開発に着手できます。

仕様

搭載モジュール マルチGNSS受信モジュール BVMGPS5605S
対応衛星 GPS, GLONASS, SBAS, QZSS, BeiDou, Galileo
動作電圧 1.71 ~ 1.89V
アンテナ ダイポールアンテナ(スイッチ付き同軸コネクタ接続により外付けアンテナも使用可能)
ホストインターフェース I2C, UART
内蔵NVMemory 8Mbit
外付けFLASH ROMインターフェース ※8Mbit NV Memoryを内蔵していますが、外部FLASHブートも可能
基板サイズ W: 15.0mm x D: 101.05mm x H: 8.8mm
同梱物 Micro-USBケーブル 1本、テストワイヤ 10本、Pinヘッダー(1×40)1本、ジャンパーピン 3個、ナベねじ 3本、スチールスペーサー 3本

詳細は、製品仕様書を御確認下さい

製品の仕様は予告なく変更となる場合がります。あらかじめご了承ください。

カートに追加しました。
カートへ進む